くたばれ、朝鮮民主党

アクセスカウンタ

zoom RSS 在特会について思ったこと

<<   作成日時 : 2011/12/05 12:03   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 1 / コメント 2

「在日特権を許さない市民の会」
この団体は、「行動する保守」にくくられるのでしょうか。

主張している内容や、在特会が勝ち得た成果のうち
疑問に思うような点は特にないのですが、
そのやり方には賛否両論あるようで
この団体は信用できるのかどうか、しばらくぼんやりと考えていたのでした。
(いち個人がどう考えたって、在特会にとってはどうでもよいことでしょうが)

そして、ネット上の記述を読んでいても本当のところは分からない…と、
活動している様子を、自分の目で見てきました。

12月3日(土)、大田区民ホールで
朝鮮学校に教育保障を! 12・3全国集会 もう待てない「高校無償化」(東京)

なんていうトンデモ集会が行われるため、
在特会の皆さんが抗議に乗り出したもの。

反日教育の金を寄こせなんて、本当に盗人猛々しいというか、気狂い沙汰。

そこに入っていく人に向けて、
あるいは周辺にいる人に向けて演説をしておいででした。
私を含め、聴衆も結構いました。


突然、通りがかりの朝鮮人が暴言を吐いてきたりすると
「殺せ」「射殺しろ」みたいな言葉で対抗するのですが、
演説内容は極めて妥当な内容。
ちょっとブラックっぽい(過激な)表現もありましたが、
人間が本気で怒ったら、誰でもそうなるだろうという程度のもの。


正直なところ、「たたき殺せ」とか、それだけ言わないでくれたら
共感してくれる人も増えるのに…とも思ったのですが、
よくよく考えてみると

・暴言を吐いてくる朝鮮人に、本気の姿勢を見せつける必要があること
・そういう「きれいごと」を1つ受け入れると、
きれいごと菌が内部で繁殖して、行動力をそぐ可能性があること
・(もちろん賛同者は多いほうがいいのでしょうが
 フジデモのように告知が主たる活動ではないので)
 一般人に媚びる必要はないこと 

ということなのかなーと、個人的に推測しました。

やり方に納得できない人は、在特会に文句を言わずに
自分にぴったりの団体を見つけるか、
あるいは自分で団体を立ち上げればいいんだし。


続けて12月4日(日)には、在特会が協賛するデモに参加。
(主催:日本侵略を許さない国民の会、もう一つの協賛:新攘夷運動 排害社)

さすがに告知を兼ねたデモの時は、
「殺せ」だけは外してもらえたら、という勝手な希望は抱きましたが^^;)

「あのような団体がないと日本はやられっぱなしになる、やはり貴重な団体だ」
というのが現在のところまでの感想。


私も何とか、神奈川県が朝鮮学校に出している補助金を止めたいです。


ついでに思ったことを一つ。
演説の中で、
「朝鮮学校に通う子供たちも可哀想だ」というようなことをおっしゃっていました。

その通りだと思いました。
「反日教育を受けさせられ、嫌いにさせられた日本で生きていかなくてはならない」
これは本当に不幸なことです。

それで思い出したのが、以下のこと。

私は8年ほど前、朝鮮学校を卒業したばかりの子と話をする機会がありました。
その子は成績優秀だった子らしいのですが、結構、簡単な漢字が読めないのです。
ちょうど同じ頃、朝鮮学校の元先生を知っているという人から
朝鮮学校では長らく漢字教育をしていなかった、との話を
また聞きしました。(今はたぶん違うと思う)

漢字が読めなければ、日本の会社でまともに働くことはできません。
そうなれば必然的に在日の社会で生きていくしかなくなるでしょう。

日本に適応させる気がなかったわけです。
かと言って、祖国にも帰れない。

親たちのアイデンティティ(強制連行)の嘘を守るために
子供たちを犠牲にしたと、私はその時に怒りを覚えたのでした。

あの時にもっともっと、在日の問題に関心を持つべきだったのに、
様々なサインを、うっすら気づきつつも見逃していたことを
最近は反省してばかりです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
特定日本人の行動について
1月末くらいでしたか、突如、 在特会系のデモ(※便宜的にそう括ります)の口上が 問題視され始めました。 ...続きを見る
くたばれ、朝鮮民主党
2013/05/19 22:29

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 朝鮮学校に通う子供たちには罪はないというが、
それはうそです。

 というのも、学校の授業中に火炎瓶を作ったり、拉致被害者家族に暴言を吐いたり、麻薬の運び屋をやったり、日本人教師をリンチしたりなどなど…子供だからといって犯罪が許されるわけがない。
イッケ
2012/01/23 18:48
コメントありがとうございます。

もちろん犯罪は許されるものではありません。
子どもでも同じです。

在日の教育に怒りを覚えた頃は、
強制連行のウソは知っていたものの
在日の問題を正しく理解していなかったため
とにかく「親側の姿勢に問題あり」としか
認識できていませんでした。
no-minsu
2012/01/24 09:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
在特会について思ったこと くたばれ、朝鮮民主党/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる