くたばれ、朝鮮民主党

アクセスカウンタ

zoom RSS 特定日本人の行動について

<<   作成日時 : 2013/05/19 22:29   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

1月末くらいでしたか、突如、
在特会系のデモ(※便宜的にそう括ります)の口上が
問題視され始めました。

※一番最初に問題になった時のデモは在特会主催ではありませんでした。
その後も、在特会主催に限らず、
眉をひそめる声・カウンターが出ているデモという括りです。

マスコミの激しいネガキャンにも関わらず
自民党が圧倒的勝利で政権に復帰したこともあり、
個人的には“断末魔”の1つだろうかと思っていたのですが、

ツイッター上のやりとりを通して
実はちょっと違うのでは?と思うようになりました。

ひと月ほど前のやりとりですが、一応まとめておきます。

やりとりの相手は「韓流ビギナー教室」のブログ主さん。
以前、あちらのブログにコメントして以来のお付き合い(?)です。
CanUCemさんとSayonara_Kさんは同一人物です。

今はツイッターを主戦場にされていますが、
この方の本質を突いたつぶやきにいつも感心している私。

以下、この方のつぶやきが青字、私のつぶやきが緑字。
黒字は感想など。

4/16は、しばき隊についてのやりとり。

@no_minsu 最近しばき隊関連のアカウントをチェックしてるんですが、彼等は自分達のダブスタや、自分達が同胞の横暴から目を背けていることをある程度は自覚してるんでしょうか?漠然とした質問で答え難いかと思いますが、よろしければお考えをお聞かせ下さい。

@CanUCem もともとの目的が“在特会(系の活動)つぶし”だったはずなので、ただ論点をずらしたかったのではないでしょうか。だから、そのあたりはあまり考えていないのではという気がします。でもどうみても彼らの作戦は大失敗だったと思いますが。

@no_minsu お返事ありがとうございます。目先については仰る通りだと思います。気になったのは、彼等がそうしたことを「考えようと思えば考えられるのか」なんです。しばき隊側を観察していて、在日韓国人のカルト教団的な狂気は思っていたより深刻だと感じました。

@CanUCem 矛盾を矛盾と感じられないのは半島の方々の日常ではないでしょうか。もはや死活問題なので、なりふり構っていられない状態のようにも見えます。”考えられる”かもしれませんが、その前に考えようと思わないのでは?信恵さんを見ているとそんな気がします。確かに深刻な狂気ですね。

@no_minsu もはや死活問題なので<しつこいようですけど、それすら分かってるかどうか。しばき隊側の言動は、要するに「気に入らないことは認めたくない」というだけのように思えるんですよ。相変わらずすぐにバレる嘘をついては自滅するし「死活問題」を克服する意志があるとは思えません。

@CanUCem なるほど。断末魔でないのなら、むしろこれまでの成功体験に頼っているのかもしれません。今までもこうやって暴力をちらつかせながら押さえつけてきた(これは陰のほうがうまくいくと思います)けど、ネラーが相手になったせいで表に出てくるようになっただけで。

@CanUCem そう考えると、有田芳生氏らが戦法を変えられない(まだ燃料投下していますよね)ことも確かに説明がつきます。それも別の意味で“平和ボケ”なのかもしれません。


@no_minsu これ、すごく同意です。しばき隊側は、大手メディアが作り上げてきたぬるま湯の環境の中で平和ボケしてますね。急にお湯が沸騰してきたのに頭を切り替えられないというか。ただ、あまり大きな影響はないと思いますが、この件では雑誌メディアは要注意だと思います。

私の在特会に対する見方は過去にも書いていますが、
http://no-minsu.at.webry.info/201112/article_1.html
http://no-minsu.at.webry.info/201206/article_3.html

あの口上は周知拡散のためのデモ向きではないと考えているので
相手につけ入る隙を与えたという点は確かにあったと思います。

ただ、あの口上を受け入れられない人が、
カウンターのあの様子を本当に見たとしたなら
拒否反応を起こさないわけがありません。

相手側ながら戦略ミスじゃないの?と思っていましたが
「死活問題に思っていないのでは?」との問いかけに
なるほど、過去の成功体験から抜け出せていないのかもという気がしてきました。

さらに10日ほど経った4/26のやりとり。
フィフィさんと金明秀氏とのバトル(?)について。

@no_minsu 毎度漠然とした質問ですみませんが、金明秀氏の件についてどういう感想をお持ちですか?私には、金明秀氏側の人々があんな主張で擁護できてると本気で思ってるかどうか判断がつかないんです。

1@Sayonara_K 前回のやりとりの時に出た答えと同じになりますが、これが彼らの平常運転なのではないでしょうか。今まではあれで特定個人に対しては言論弾圧ができていたように思います。誰にも見えない所で名指しで死ねとか脅しめいたことを言われたら、堪えますよね、それなりに。(続く)

2@Sayonara_K 擁護というよりは言論弾圧できればいいという感じなのかもしれません。放っておくとフィフィさんは発信を続けるでしょうし、炎上させた時にどんな副次的作用が出るかまでは頭が回っていない気もします。(続く)

3@Sayonara_K でも明らかに状況は変わりました。特にツイッターは公開の場であること、匿名掲示板と違ってアカウントが必要なので、こちら側の反撃がしやすくなっています。逆に電凸されるなんて、彼らにとってこれまでは絶対になかったことでしょうし。(続く)

4@Sayonara_K あと、ウソってやっぱり真実を知る時間を遅らせる効果が間違いなくあります。調べ物というのは、あるモノを見つけるより、ないモノをないと判断するほうがずっと大変です。(断定は難しく傍証から“ないだろう”と緩めの結論に留まるだけだったり)以上、連投失礼しました。


便宜的に1〜4の番号を振りました。以下いただいた返信はその番号に対するもの。

1@no_minsu 前回のやりとりの時に出た答えと同じになりますが、これが彼らの平常運転なのではないでしょうか<丁寧なお返事ありがとうございます。あー、やっぱりそういうことになりますか。

2@no_minsu これは100%納得です。

3@no_minsu でも明らかに状況は変わりました<そうですね。李信恵氏もそうですが、最近の在日朝鮮人はマスコミの隠蔽・嘘が作ったぬるま湯の環境が突然崩壊したことに対応できていないように思います。

4@no_minsu ウソってやっぱり真実を知る時間を遅らせる効果が間違いなくあります<私が知りたいのは、これを彼等が意図的にやってるかどうかなんです。どうも嘘吐き体質の結果としてたまたまこの効果を実現してるだけのような…。


4@Sayonara_K 金明秀先生のサイトなど意図的なものもあるかと思いますよ。ただ嘘吐き体質からくる部分も多いので、このあたりがつけ入るスキになりそうです。

@no_minsu なるほど、その辺り見極めが難しそうですねえ…。

フィフィさんへの攻撃の仕方が、
やっぱり過去の成功体験をもとにした、あまり進歩のないやり方のように見えます。

在特会系のデモやフィフィさんが在日韓国朝鮮人・帰化人・特定日本人を
浮かび上がらせてくれるところまでやってくれたので、
あとは、あちらの罵詈雑言に対して丁寧な言葉で真実を伝え続けることが
大事なような気がします。

怒りはエネルギーになるけれども、冷静さを失わずきっちり攻めましょう。
乱暴な言葉と不正確な情報は、拡散活動の足を引っ張る可能性があります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
特定日本人の行動について くたばれ、朝鮮民主党/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる