くたばれ、朝鮮民主党

アクセスカウンタ

zoom RSS いわゆる“従軍慰安婦”について、朝日新聞記者とやり取りしてみた

<<   作成日時 : 2013/05/29 09:31   >>

ナイス ブログ気持玉 21 / トラックバック 1 / コメント 0

橋下発言をきっかけに朝日新聞の記者さんが
次のようにつぶやきました。

武田 肇 다케다 하지무‏@hajimaru2
私の住む街の市長でもある橋下氏の発言はやはり世界で報じられた。私は、何重にも複雑になった従軍慰安婦問題について、誤解されて伝わっている部分をただしたいという主張自体は危険扱いしてはならないと思う。ただ、それを政治家が持ち出すのリスクが大きい。まして失言が伴えば取り返しがつかない。


最初は仕事も忙しかったのでスルーしようと思っていたのですが、
別の方が、記者に次のように意見を投げかけているのに気づき、
割り込みをさせていただきました。

朝日こそが誤解を世界に広めた当事者なのに何故記者のあなたが他人ごとのように? あなた方は反省しているのか? 朝日こそ過去の誤発信を世界に向け訂正する
義務がある。誤解を正したいなら政治家が持ち出すのは手っ取り早い。一瞬の軋轢を恐れタブー化するから長く続くんだ。

以下、青字は記者のツイート。緑字が私のツイートです。
黒字はブログ作成時の書き足し。

ツイートを並べる前に、この問題に対する
私の基本的な考え方を簡単にまとめておきます。

橋下発言をきっかけに、いわゆる慰安婦問題で
「他国もやっていた」というツイートをよく見かけたのですが、
各国でやり方も違うので反論として適切でないと思っています。
「官憲が強制した証拠はない、従って賠償の必要はない」で終わる話。
(売春を戦時かそうでないかで分けて考える理由が分かりません。)

ではやりとりをご紹介いたします。
(読みやすくするために、引用などを省いています)

武田 肇 다케다 하지무‏@hajimaru2
私は記事を書いた当事者ではありませんが、同じ会社の記者として批判は免れません。だから、この問題を避けてきたのですが、今回それではダメだと思いました。


no-minsu‏@no_minsu
横から失礼します。武田さんは朝日が誤解を世界に広めたという認識はあるんですね?



武田 肇 다케다 하지무‏@hajimaru2
初期の朝日新聞の報道で、一部事実関係に誤りがありました。90年代初めは慰安婦問題の研究が不十分で、事実関係を詰めるのに限界があったことも理由と思います


no-minsu‏@no_minsu
真摯なご回答をありがとうございます


武田 肇 다케다 하지무‏@hajimaru2
言い訳かもしれませんが、朝日新聞は1997年3月、特設面で、いわゆる吉田清治証言(済州島での「慰安婦狩り」)の信ぴょう性に疑いがあると読者に説明しています。いまだ朝鮮日報のような韓国の大新聞が吉田証言を事実として紹介するのは遺憾ですが…


基本的な問題点を指摘するために
産経新聞の阿比留瑠比記者が書かれた『破壊外交』より引用しました。

no-minsu‏@no_minsu
『破壊外交』より引用します。…朝日新聞などいくつかのメディアに登場したが、間もなくこの証言を疑問視する声が上がった。(中略)「朝日新聞などいくつかのメディアに登場したが」とはどういうことでしょうか。これじゃあまるっきり“人ごと”です。


no-minsu‏@no_minsu5
『破壊外交』より…吉田ウソ証言をウノミにし、虚構を事実して、繰り返しその紙面で報道してきたのは、誰でもない『朝日新聞』自身なわけです(中略)吉田氏を重用し、その虚偽の証言を事実であるかのように何度も紙面に登場させたあげく、


脱字がありました。
虚構を事実して→虚構を事実として、です。

no-minsu‏@no_minsu
『破壊外交』より…一切検証も総括もせずにさらっと「真偽は知らん」とだけ書いて、今に至るまで頬被りを決め込んでいるということです。(中略)いつの間にか「幹」、つまり根幹の問題を枝葉だとすり替えて保身を図る朝日の詐術には乗らないように


no-minsu‏@no_minsu
『破壊外交』より…気をつけたいところです。(引用終わり)ここでいう幹=強制連行のことで、そこを問題にしてきたはずなのに、1997年3月には「強制連行など慰安婦問題の本質ではない」と論調を切り替えています。


no-minsu‏@no_minsu
朝日新聞は97年から15年も経った2012年8月31日の社説でも「河野談話 枝ではなく幹を見よう」というタイトルをつけ、強制連行は幹ではなく枝葉末節と位置づけています。


もともとは朝日新聞の強制連行報道から始まったはずなんですが、
強制連行はなかったと指摘されると、朝日新聞 はある時期から
「慰安婦問題の本質は強制連行か否かではない」とすり替えてしまう。
そのように主張するなら、では本質とは何か。
売春せざるを得なかった貧困ではないのでしょうか。

3/8に国会で中山成彬先生も取り上げていらしたけど、
軍の関与を示す証拠と言われていた資料は、
実は「悪徳業者が募集に関与しているようなので
注意するようにという通達で、全く逆」の内容だったのでした。
http://no-minsu.at.webry.info/201303/article_2.html

no-minsu‏@no_minsu
私は個々人の記者を責めるつもりはありません。朝日新聞の姿勢を非難しているのです。朝日新聞に端を発したこの問題は、日本という国に、日本のために戦ってくれた先人に、金銭的にも名誉という点でも、計り知れない損害を与えたと考えています。


武田 肇 다케다 하지무‏@hajimaru2
しかし、初期報道の一部の誤りをもって、慰安婦問題はそもそもないという考え方には賛成できません。慰安婦問題は解決途上の重要問題だと思います。元慰安婦にも会ったことがありますが、願いは、同じ苦しみを誰にもさせたくないということだと思います。


no-minsu‏@no_minsu
貧しい時代に、つらく悲しい過去があったことはもちろん認めます。同じ苦しみを味わう人が1人でも少なくなればと思わない人はいないでしょう。ちなみに武田さんの考える解決とはどんな状態なのでしょうか。


武田 肇 다케다 하지무‏@hajimaru2
解決策は難しいですが、日本政府が何らかの行動をするしかないしょう。韓国側の受け入れ姿勢が重要になりますが、必ずしも国家補償でない方法もあり得ると思います


no-minsu‏@no_minsu
日韓基本条約、日本国総理による謝罪、アジア女性基金では不十分だとお考えなんですね?となると、問題の解決はすべて韓国の主観的な判断に委ねられることになるのではないでしょうか。


no-minsu‏@no_minsu
謝罪と補償を繰り返しても、韓国が不十分だと主張する限り終わらないのでは?なおジャーナリストの水間政憲さんは、韓国が経済危機に陥るたびにこの問題を蒸し返してくると指摘していたかと思います。


このやりとりより少し前に読んだ記事が頭をよぎる。
中央日報「日本が韓国に上手に謝罪できるまで、日本を許してやるつもりはない」
http://blog.goo.ne.jp/pandiani/e/8accb6013db90d124fec6fbf00071797

武田 肇 다케다 하지무‏@hajimaru2
アジア女性基金はベストではなかったかもしれないけど、当時日本側ができた精一杯の内容だったと思います。受け入れられなかったのは残念です。その原因は日韓両方にありました。どちらがより悪いという話は今では虚しいです…“


武田 肇 다케다 하지무‏@hajimaru2
一昨年に韓国の憲法裁判所で、慰安婦問題の韓国政府の「取り組み不足」が違憲とされた以上、経済危機の有無に関わらず韓国側は持ち出さざるを得ないと思います。その上で、解決には韓国側が条件を下げることも必要と思います


武田 肇 다케다 하지무‏@hajimaru2
かつては、妥協を許さない解決策を求めた支援団体が、韓国政府の要求のハードルを上げた面があったと思いますが、いまは、橋下氏のような発言がハードルを上げてしまっていると思います。そこがとても残念です。


no-minsu‏@no_minsu
日本側として精一杯のことをしたが不十分だった、韓国内の解釈が変われば(韓国の国内問題ではなく)日本もさらなる対応をしなければならないというご意見と理解してよろしいでしょうか。


武田 肇 다케다 하지무‏@hajimaru2
難しいところです。答えはまだ出ません。ただ、経験即から、韓国側は今後もハードルを下げないことを前提にするのも早計だと思います。


no-minsu‏@no_minsu
お忙しい中、長々とお付き合いくださりありがとうございました。私は韓国に対し謝罪も賠償もこれ以上は必要ないと考えていますが、そのような考え方があることは理解できます。


武田 肇 다케다 하지무‏@hajimaru2
こちらこそ、ありがとうございました。


no-minsu‏@no_minsu個人的には反日ドーピングを打ちすぎた結果、ハードルを下げることは不可能のようにも思えます。また「上手に謝罪できたら許す」というところから抜け出せないような気がします。

というやりとりの少し後で…(おまけです)

武田 肇 다케다 하지무‏@hajimaru2
今回の橋下氏の発言問題、周辺の人たちのお考えを含め様々なものを浮かび上がらせたけど、従軍慰安婦問題については「狭義の強制性」に固執すればどんな結果になるかを示したと思う。それでも、多くの政治家がそれぞれの方法で固執し続けるのだろうけど、大変なリスクということが改めてわかった。


no-minsu‏@no_minsu
#朝日新聞 が“強制連行”を幹から枝葉末節にすり替えた話はお伝えしたはずですが、結局これですか…。> RT


武田 肇 다케다 하지무‏@hajimaru2
恐らく従軍慰安婦の「狭義の強制性」を含め、ある時期までは、加害の歴史の細部に固執すべきでないという暗黙の了解が社会にあったと思う。私は今もその考えだ。が、それは了解があったのではなく、タブー視することで押しつぶしていただけなのかもしれない。どうすれば元に戻れるのか、本当に難題だ。


no-minsu‏@no_minsuあなたのおっしゃる社会って、どこの社会かしら。会社= #朝日新聞 のこと?
↑これは記者さん宛てじゃなくこっそりつぶやいたのですが、バレた^^;)

武田 肇 다케다 하지무‏@hajimaru2
そうかもしれませんね。社会って抽象的なものでなく、その具体的な姿を検証しないといけないと思います。


記者個人を追及したいわけでも、やりこめたいわけでもないので
こちらは「強制連行ではなかった」点を中心に主張。

落としどころはどこにあると考えておいでなのか分かったのが
私にとっての収穫でした。

戦時中、貧しさゆえに大変な体験をしたハルモニたちのために
何かしてあげたいという気持ちは分からなくはないけど、
それは国による謝罪や賠償とは無関係。

そういうハルモニを利用したのですよ、福島瑞穂たちが。
恥を知りなさい。

それでもウソを重ね私たちのご先祖様を貶め続ける彼女たちに対しては
正直、同情の気持ちも冷めるというもの。

そして現代の価値観を持ち込んで、女性をいたわろうとするなら
高給取り・厚遇だった彼女たちより
現代においてなお売春しないと生きていけない女性に手を差し延べるべきだと思う。

「他国もやっていた」という論調の他、多かったのが
この「現代の価値観」で過去を断罪するツイート。
法律を遡及させたら、法治国家でなくなってしまいますよ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 21
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
特定秘密保護法案と、朝日新聞の記者さんのつぶやき
特定秘密保護法案が昨晩、無事参議院で可決されましたが、 この法案に関しては、メディアがまた 激しい反対キャンペーンを繰り広げていましたね。 (昨年の自民党総裁選、衆議院選の時も発狂していると思ったけど あれはまだ序の口だったと感じるくらい) ...続きを見る
くたばれ、朝鮮民主党
2013/12/07 22:50

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
いわゆる“従軍慰安婦”について、朝日新聞記者とやり取りしてみた くたばれ、朝鮮民主党/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる