くたばれ、朝鮮民主党

アクセスカウンタ

zoom RSS 朝日新聞の特定秘密

<<   作成日時 : 2014/01/15 21:46  

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 0

年末にようやく動き出した沖縄の基地問題。
辺野古への移設について、
朝日新聞の仲村和代記者がつぶやいたことから
質問をしてみました。

https://twitter.com/coccodesho/status/416510564051865603
やりとりはこちらでもご覧いただけます。

緑字が記者さん、青字が私のつぶやき。
黒字はブログでの書き足し。

12月27日のやりとり

なぜ、沖縄ばかりが「英断」を迫られるのか。普天間の危険をなくすなら辺野古を作らせろ、というのはあまりに乱暴な論理ではないか→安倍首相「沖縄知事の英断に感謝」 埋め立て承認を歓迎 - http://t.asahi.com/dl4g

辺野古移設推進の署名が沖縄県内だけで7万5千以上集まったのはご存じですか。 https://twitter.com/aoumigamekun/status/405977147870683136

普天間の危険性除去のために署名した人も多いでしょう。でも、なぜ「普天間の危険を除去するためには辺野古に」という選択肢しかないのでしょう。

仲村さんは他にどのような選択肢があるとお考えですか?よりよい選択肢があるなら、県民も「危険性除去のため」だけには署名しないのではないでしょうか。

最低でも県外。それに尽きると思います。

具体的にお願いします。「最低でも県外」では元首相と同じレベルで具体的な検討もできません。

この後、お返事はなく…(お忙しかっただけかもしれないけど)
次の動画を紹介しました。

沖縄県の方が、なぜ辺野古なのか説明している動画です。動画自体は1時間ほどですが前半の30分ほどで概要は分かるかと思います。よろしければご確認ください。http://live.nicovideo.jp/watch/lv163682290

ちなみに、私がなぜこの記者さんに尋ねてみたかというと
辺野古についてつぶやかれたから、だけではなく、
ちょうど1年くらい前にこういう取材をされていた方だったからです。

「基地のこと話したい!」 沖縄、つぶやきながら歩いた
http://www.asahi.com/national/update/1231/TKY201212310591.html

そのため、「最低でも県外」という回答には
本当に驚きを禁じ得ませんでした。

そして年明けに、たまたまルーピーの

https://twitter.com/hatoyamayukio/status/421218209329459200
私は政権交代を果たし、首相として普天間基地問題について「最低でも県外」と言いながら、様々な事情があったにせよ最終的に辺野古に決めざるを得なかったことについて、沖縄県民に大きな失望を与えた申し訳なさとともに忸怩たる思いをもっています。

このつぶやきを見て記者さんのことを思い出し、

ルーピーすらhttps://twitter.com/hatoyamayukio/status/421218209329459200
「最低でも県外」から「最終的には辺野古に決めざるを得なかった」と言っているのに、「最低でも県外」にひっかかったままの #朝日新聞 の記者さん
https://twitter.com/coccodesho/status/416518825199153153


と、つぶやいたものが拡散され、
これが記者さんの知るところになったようで(推測)
1月11日に記者さんはこのようにつぶやきました。

普天間基地の移設は、「絶対的に正しい答え」があるようなものではないと思う。米国にも、日本にも、沖縄にも、政府にも、民間にも、いろんな意見がある。「辺野古」も「県外」も「全面撤去」も、一つ一つ論としては成り立つ。その中で何を優先し、選択するのかが問われるのだと思う。(続く)

(承前)「なぜ沖縄に集中するのか」という思いも、県外に移設するとしてもそこで「なぜここなのか、来てほしくない」と感じる人がいるのも、十分理解できる。人の心がからむかららこそ難しいし、長年もつれてきた。「正答」を探すのではなく、政治としてどう決着つけるのか、という問題だと思う。

そこでまた突っ込んでみました。
こちらのやりとりは、ここでも確認できます。
https://twitter.com/coccodesho/status/421814637005250560

それで、仲村さんがお考えになる、論として成り立つ県外移設先は具体的にどこですか?

それは現地が受け入れるということが前提なので、現時点で「ここだ」といえるようなものではないと思います。物理的な意味合いだけなら、移せるところはいくつもあるのでは。具体的に名前を出すことは、その土地の人がどうお感じになるかという問題もあるので差し控えます。

移設決定前の時点で、議論できる移設先はなかったということですね。「代替案なき反対のための反対」でOKって、楽なお仕事ですね、新聞って。(続く)

ちなみに「該当の方がどう思われるかという問題もあるので」という理由で、別の記者さんに回答を差し控えられたことが過去にもありました。#朝日新聞 さんのテンプレなんでしょうか。


少し違います。例えば、以前ケビン・メア氏にインタビューした際、「軍事的には沖縄である必要はない」と、いくつかの土地の名前をあげつつ、「政治的に動かない」と話していました。また、先ほどもいったように「来てほしくない」気持ちも十分理解できます。(続く)

(承前)そういういろんなことから考えて、どこかの土地の名前をここであげようとは思いません。ご期待に添えず、申し訳ありません。


その土地の名前は非公開なのですか。議論に必要な情報を得られない国民は「知る権利」を害されていますね。あれほど「知る権利」を強調して #特定秘密保護法案 に反対された #朝日新聞 の記者さんに教えていただけないのは残念です。

お忙しいところ、たびたびのご返信ありがとうございました。


こちらこそ、あまりご期待に添えるようなお答えができず申し訳ありませんでした。

代替案(朝日新聞の特定秘密らしい)を示さず
辺野古移設反対だけを(狂ったように)訴える自社の報道に
疑問を抱かないのでしょうか?

たとえ政治的な理由だろうと
「代替案がない」ことには変わらないと思うんですけど…。

このやりとりを見てくださった方が

実現できない理想を掲げることで逆に住民の負担を固定化し、政治家がそれにタカる「ミズポイズム」の片棒担ぎですね。朝日新聞は。

とつぶやいていらっしゃいましたが、同感です。
特に「実現できない理想を掲げることで逆に住民の負担を固定化」の部分。

ついでに、このやりとりを見てくださった
他の方のコメントも紹介しておきます。

朝日新聞の記者は日本を取り巻く情勢を何も知らないことは理解出来ました

朝日新聞も大所帯なので色々な方々がいるようですが、ここまで明確に「我々には秘密を持つ権利は有るがお前達には無い」と示してくれる人はなかなか居ないでしょうね。このやり取りで秘密保護について別の視点を持ち、記事に反映してくれたら…

※強調はブログ主によるもの。

さて、この朝日新聞の特定秘密は
誰が指定し、いつ公開されるのでしょうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 14
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
朝日新聞の特定秘密 くたばれ、朝鮮民主党/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる