地域主権の動きを阻止しよう

何かのツイッターデモで、
「自民党議員でも道州制に積極的な議員が多いから、地元議員に反対の意見を届けよう」
みたいなことをつぶやいたことがきっかけで、

地域主権に断固反対されている
地域主権の動きを阻止するネットワーク‏@Nonchantomato さんの存在を知りました。

人権侵害救済法案と同じくらい危険な闇法案が着々と成立の動きに向かっているとのことで
正直、読めば読むほど気分が暗くなるのですが、落ち込んでばかりもいられません。

地域主権の動きを阻止するネットワーク‏さんが紹介してくださったブログ等々を中心に
以下のとおり、地元の前職議員さんに情報提供しました。

以前、
「道州制には反対だ、外国勢力の侵入を招きやすくなるという理由だけで
道州制のメリットなど吹っ飛んでしまう」という意見は伝えてありました。

---------
国政において民主党に政権を取らせた有権者と、
都道府県市町村の首長・議員を選ぶ有権者は同一です。

しかも後者のほうが選挙への関心も薄いため、
(県政、市政に対する関心も同様でしょう)
風穴を開けられると、どうなるかは想像に難くありません。

また国会議員ですら危機感のない方がいらっしゃるのに
全国津々浦々の都道府県市町村の首長・議員に国政と同じレベルの危機感を持てというのは
あまりに無理があります。

私もまだいろいろと資料を読んでいる段階ですが、
早めにお知らせしたほうがよさそうだと思い、とりあえずネットで見られるものをご紹介します。

先日、お伝えした地域主権の動きを阻止するネットワーク‏@Nonchantomato さんのブログです。
http://ameblo.jp/moonbridge0120/entry-11399066769.html

保守派が道州制を応援する愚かしさ (柴山桂太/ 電子マガジン 言志 Vol.2)
の要旨を抜粋してくれているブログ
http://ameblo.jp/nippon-no-hokori/entry-11352894939.html

地域主権型道州制会議が、こんなにあちこちにできてしまっています。
http://www.dousyusei.jp/#
↑ここのメンバー、どこかで見たような…↓

維新の会の構造(第二民主党、外国勢力・反日サヨクの次の宿主と見られます)
http://twitdoc.com/upload/mochablend7/10101.pdf

自治基本条例の怖さも知ってください。
http://hanjichikihon.kesagiri.net/

神奈川もかなり踏み込まれています。
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f6429/p18263.html
だいぶ前にお話した気がしますが、外国人が意見を述べられる場も提供されています。
http://no-minsu.at.webry.info/201203/article_5.html

そして明らかに外国人への市政への参加が認められた例が出てきました。
http://www.hoshusokuhou.com/archives/19870543.html

どうか、危険な現状をご理解ください。
---------

自由主義経済を信奉している方々は道州制が好きみたいで
私の選挙区の市議さんも明るく「道州制の導入」を訴えていました。

国政すら売国勢力に陥落したのに、地方なんて
どこか狙われたらあっという間でしょ。

宮崎のシーガイアには、韓国の怪しいカルト集団が出入りしているという話もあるし…。
http://www.hoshusokuhou.com/archives/19562570.html

日本人を住みづらくしてまで外国人に便宜をはかる必要なんてない。
隣家と自分の家とどっちが大事?

在日の人のツイートとかブログとか見てみて。
厚かましいにも程があるから、びっくりするよ。
共生なんか無理って結論に至ると思う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

通りすがり
2012年11月10日 07:27
道州制は国を強くするためのものです。道州制は国の役割、広域行政の役割、基礎自治体の役割を明確にする役割分担論です。日本でやろうとしている道州制は国の役割として国の財政制度があって、国が完全にバラバラになるわけではありません。 国、広域行政、基礎自体の役割を整理し、それぞれの権限と責任を明確化するのが道州制です。国の機能を強くするのではなく、国の権限と財源と組織を大きくすることが機能を強くすると錯覚している人が多いですね。 機能の強弱と、権限・財源・組織の大小は全く異なるのに、それを一緒にしている人が多いですね。

外国人の地方自治への参政することの何がまずいんでしょう。
歪んだ思想を持つ外国人排斥思想の自称愛国者よりも、真剣に地域を考えてくれる外国人のほうが信頼できますね。
ケヶヶロロ口少佐
2012年11月11日 16:28
通りすがり氏のコメントは非常に分かりやすいですね。
2段目でこの人の素性が分かります。
1段目には表向きの体裁のいい話が書かれています。

1段目のような主張があっても、それを信用してまともにとりあわずに、それはその裏には、2段目の主張が隠されているのだということを思い出すことが必要です。
no-minsu
2012年11月11日 23:56
ケヶヶロロ口少佐さん
いつもコメントありがとうございます。

在日の主張はあちこちで読むたびに不愉快になります。
今回のコメントを機に、在日の考えていることをプリントアウトし、まず地元の議員→その後は県内の議員に送ろうと思っています。
ケヶヶロロ口少佐
2012年11月14日 23:32
no-minsuさん
こちらこそ、どうもです。
no-minsuさんと既女板の方々が一番立派な活動をなさっていると思っています。

ところで、選挙になるようですが、ここの読者の方々には、自民党の方々に、ネットで啓蒙・拡散活動されることをお薦めしてはいかがでしょうか。
自民党を前にださないで、政治ネットを見る人が増えるように誘導すればいいと思います。詳細は広告・宣伝の専門家や政治の専門家が議論すればいいと思いますが、たとえば、マスコミの報道を検証する必要があること、ネットでは一般の人が自身の政治的見解を述べる機会があること、ネットで政治を見る人が増えれば利権政治をなくすことができること、等を指摘すれば意識の高い人がネットにくるようになると思います。

自民を前に出さない方が警戒されないでいいでしょう。そして、自民を前にださないでも、保守ブログにくれば自然と自民を支持するようになるはずです。

こういったことを自民党の議員さんに伝えて、党の予算と人員を使ってやれば、急速に広めることができるかもしれません。
ネットで政治を見ようという意識のある人は一定以上の知的レベルにある人だろうから、暴走する危険はあまりないと思いますし、まともに政治をやろうとする政治家にとってはネットは自身の理想を実現する道具・機会になるだけで、マイナス面はほとんどないと思います。
no-minsu
2012年11月15日 09:04
ケヶヶロロ口少佐さん
お褒めの言葉が恥ずかしいです。
もっともっと活動されている方、たくさんいらっしゃるんですよ。(ブログを書いていないだけで)

自民党の先生方には、まだまだ十分に意見が届いていない様子です。広告・宣伝が下手なのは確かですね。

過去記事ですが、こちらはお読みいただけましたでしょうか。
http://no-minsu.at.webry.info/201205/article_1.htm
l
自民党さんも
現在、インターネット上の日本国民の皆様の本音の収集をどうやるべきか、基本的な手法確立のための検討を開始いたしました。

そうです。

あらためて地元の前議員さん(まもなく現職になるでしょう)に伝えてみますね。
一方でツイッターでバンバン情報発信されている新人候補さんもいらして、
岡崎 晃(あきら)(自民党兵庫12区)‏@okazaki_akira
今はいろいろな意味で過渡期というか激動期なのだと思います。

>まともに政治をやろうとする政治家にとってはネットは自身の理想を実現する道具・機会になるだけで、マイナス面はほとんどないと思います。
これは本当にそう思います。
政治に興味を持たれて困るのは、売国政治家か金権政治家でしょうから。

この記事へのトラックバック